20031108


気候影響・利用研究会/バイオクリマ研究会共催シンポジウム
「気候変化と健康」

日  時:2003年11月8日(土),13:00~17:00
共  催:気候影響・利用研究会・バイオクリマ研究会
後  援:日本農業気象学会 気候変化影響研究部会(第16回研究会)
場  所:立正大学 大崎校舎1号館4階第7会議室B

開催趣旨
 過去100年間で地上気温が0.6℃上昇した。さらに、今世紀末までに約3℃の上昇が予測されている。
IPCCは、温暖化モニタリング・影響評価・対策技術に関する第4次評価報告へ向けた研究レビューをスタートさせたが、
このなかで、地球温暖化と健康の研究が重要な問題の一つになるだろう。このような背景のもとで、
気候影響・利用研究会とバイオクリマ研究会の合同シンポジウムを開催し、最近の国際的な研究情勢および研究事例を紹介し、
今後の研究方向について討議する。

プログラム
13:00-13:10 【開会挨拶】林 陽生(気候影響・利用研究会会長)
13:10-13:40 「温暖化影響評価に利用可能な気候変化シナリオについて」
         西森基貴(農業環境技術研究所地球環境部)
13:40-14:10 「医学気象予報の開発と実践の概要について」
         宮下良治ほか(国土環境株式会社環境情報研究所)
14:10-14:40 「昆虫媒介性ウイルス感染症について」
         伊藤美佳子・高崎智彦・新井智・小林睦生・根路銘令子・
         田島茂・倉根一郎(国立感染症研究所ウイルス第一部)
14:40-15:10 「地球温暖化と健康-WHO等の国際情勢-(仮題)」
         兜真徳(国立環境研究所首席研究官)
15:10-15:20 【休 憩】
15:20-15:50 「温暖化による健康影響リスク研究の現状」
         安藤満(富山国際大地域学部)
15:50-16:20 「病気の治療・回復と温度環境」
         佐々木昭彦(福島県立医科大学医学部)
16:20-16:50 「日本におけるバイオクリマ研究の現状」
         稲葉裕(順天堂大学医学部)
16:50-17:00 【閉会挨拶】福岡義隆(バイオクリマ研究会代表幹事)
終了後 【懇親会】立正大学大崎校舎教職員食堂 (12階ラウンジ)