20120310

NPO法人 バイオクリマ研究会
第15回 研究成果発表会 (2012年03月10日 開催、於:GEホール)

10:00~10:05  開会あいさつ 稲葉 裕(NPO法人バイオクリマ研究会 理事長)

◆ 一般講演(進行:福岡 義隆 (松本 太))
10:10~10:25  1.「保水性舗装の熱的性能評価-暑熱環境緩和策としての有効性について-」
            重田 祥範、福岡 義隆、渡来 靖(立正大学 地球環境科学部)
10:25~10:40  2.「工事現場における熱中症予防に関する実験的研究-夏期の作業所における建設作業員の身体状態調査結果」
            無津呂 大輔、後久 卓哉(東急建設株式会社 技術研究所 メカトログループ)
10:40~10:55  3.「大学生の熱中症に関する実態-重症度からの検討-」
            坂手 誠治(相模女子大学)澤井 睦美(桐蔭横浜大学)南 和広、寄本 明(滋賀県立大学)星 秋夫(桐蔭横浜大学)
10:55~11:10  4.「平成23年熊谷市における単身居住高齢者宅の屋内暑熱環境について」平沼 茂(いであ株式会社)
11:10~11:20  休憩

11:20~11:35  5.「エコ改修による小学校教室の環境改善とその体感効果-環境教育実践としてのワークショップの結果から」
            園田 真吾、堀越 哲美(名古屋工業大学)
11:35~11:50  6.「都市の各種地表面被覆材による微気候形成と体感要素の違い」
            三嶋 真名美1)、志村 恭子2)、長野 和雄2)、堀越 哲美1)  1)名古屋工業大学、2)奈良女子大学
11:50~12:05  7.「夏季と冬季における町中の立ち寄り空間の温熱環境実態」堀越 哲美(名古屋工業大学)
12:05~12:20  8.「京都府下の住宅における室内温熱環境実測調査 夏期調査結果より(中間報告)」
            柴田 祥江1)、松原 斎樹1)、木原 浩貴2)  1)京都府立大学 、2)京都府地球温暖化防止活動推進センター
12:20~12:35  9.「センサ技術を応用した各種計測機器の紹介」榎本純二(有限会社シスコム)
12:35~14:00  昼休み

◆ 特別講演(進行:吉野 正敏)
14:00~15:00  1.「脳卒中発症と気象の関係」 福永 篤志(共済立川病院医長)
15:00~16:00  2.「仮設住宅の室内気候と健康」 田中 正敏(福島県立医科大学名誉教授)
16:00~16:10  休憩

◆ シンポジウム「健康気象アドバイザーの役割と今後の展望」(進行:福岡 義隆)
          コーディネーター : 堀越 哲美(名古屋工業大学大学院教授)
パネリスト発表
16:15~16:30  1. 石田 よしみ(第2期 健康気象アドバイザー認定)
16:30~16:45  2. 市丸 数馬 (第3期 健康気象アドバイザー認定)
16:45~17:00  3. 安西 浩子 (第4期 健康気象アドバイザー認定)
17:00~17:20  総合ディスカッション

17:20~17:25  閉会あいさつ 福岡 義隆(NPO法人バイオクリマ研究会 副理事長)
17:30~19:30  懇親会(同会場)