20110702

NPO法人 バイオクリマ研究会
第14回 研究成果発表会 (2011年07月02日 開催、於:GEホール)

10:00~10:10  開会あいさつ 稲葉 裕(NPO法人バイオクリマ研究会理事長)

◆ 一般講演(座長:松本 太)
10:10~10:25  01.「気温変化が脳卒中に及ぼす影響」加藤 美奈・渡来 靖・福岡 義隆(立正大学)
10:25~10:40  02.「熱中症予防指針WBGTの地表面被覆依存性に関する生気象学的研究」深澤 拓・中川 清隆・福岡 義隆(立正大学)
10:40~10:55  03.「WBGTの気候風土差と熱中症患者実数との違いについて」福岡 義隆(立正大学名誉教授)
10:55~11:10  04.「流通企業の商品需要予測 -生気象学的指標構築への取りくみ-」常盤 勝美(株式会社ライフビジネスウェザー)
11:10~11:25  05.「甲府盆地における卓越風の局地分布」吉村 稔・吉野 正敏(山梨大学・筑波大学)
11:25~11:35  休憩
11:35~11:50  06.「南アジアと東アジアにおける地球温暖化時代の熱波」吉野 正敏(筑波大学名誉教授)
11:50~12:05  07.「郡上八幡における市街地側溝と河川の影響を考慮した気候実測」石田 勝美・堀越 哲美(名古屋工業大学大学院)
12:05~12:20  08.「屋内外の気温差が人体の生理的心理的反応に与える影響に関する基礎的研究」近藤 恵美(名古屋工業大学)
12:20~12:35  09.「生気象環境の表現・評価のための人体熱収支と生理反応」堀越 哲美(名古屋工業大学)
12:35~12:50  10.「環境センサーネットワーク熱中症対策実証実験in熊谷(速報)」平沼 茂(いであ株式会社)
12:50~14:10  昼休み

◆ シンポジウム「熱中症-最近のトピックス-」(進行:星 秋夫)
14:10~14:50  01.「2010年夏の猛暑と熱中症搬送者」登内 道彦(気象業務支援センター)
14:50~15:30  02.「1996~2010年夏季に東京都内で発生した熱中症について」山口 隆子(東京都環境局)
15:30~15:40  休憩
15:40~16:20  03.「裁判事例他にみる熱中症Ⅰ~Ⅲ度分類の重要性」安岡 正蔵(安岡整形外科脳外科クリニック)
16:20~16:50  総合討論

◆ バイオクリマ研究会ワーキンググループ経過報告(進行:稲葉 裕)
16:50~17:00  01.「健康気象アドバイザー認定講座WG経過報告」福岡 義隆(立正大学)
17:00~17:10  02.「自然環境と人口環境における季節病・気象病メカニズム検討WG経過報告」堀越 哲美(名古屋工業大学)

17:10~17:20  閉会あいさつ 福岡 義隆(NPO法人バイオクリマ研究会 副理事長)
17:30~19:30  懇親会(同会場)