20080301

バイオクリマ研究会
第11回 研究成果発表会 (2008年03月01日 開催、於:GEホール)

10:00 ~ 10:30  総会
10:30 ~ 10:40  開会あいさつ  稲葉 裕(バイオクリマ研究会会長)
◆一般講演(座長:1~3 稲葉 裕,4~9 堀越 哲美)
10:40~10:55  1.「伝統的民家に関する微気候調査と生気象学的意味について」
                  福岡 義隆・畑中 渓太(立正大学)
10:55~11:10  2.「熱中症関連指標の最高値出現時刻に関わる諸問題」
                  石井 伸幸((株)ライフビジネスウェザー)・福岡 義隆(立正大学)
11:10~11:25  3.「入院患者を対象としたくも膜下出血と気象要素との関連」
                  張 明姫・池田 若葉・吉永 卓成・稲葉 裕(順天堂大学)
11:25~11:40  4.「WBGT値の経年変化と熱中症発生時間の年齢別特徴
                  登内 道彦((財)気象業務支援センター)
11:40~11:55  5.「熱中症予防に用いられる温熱指標・WBGTの算出式についての検討」
                  中井 誠一(京都女子大学)
11:55~12:10  6.「日本における日最高気温と死亡率の関係」
                  梅永 正道・本田 靖・林 陽生(筑波大学)
12:10~12:25  7.「中山間地の河川沿いに立地する都市気候に関する調査研究」
                  石田 勝美・宗廣 耕市・松下 拓真・堀越 哲美(名古屋工業大学)
12:25~12:40  8.「屋外の体感温度の表現方法について」
                  堀越 哲美・三輪 恵美(名古屋工業大学)
12:40~12:55  9.「地域別死亡率の解析に関して」
                  村山 貢司((財)気象業務支援センター)
12:55 ~ 14:00  休 憩
(午後の部 進行:吉野 正敏)

◆特別講演
14:00 ~ 14:45 「天気キャスターとして伝える生気象」橋詰 尚子(気象キャスター、㈱ライフビジネスウェザー)

◆招待講演
15:00 ~ 15:45 「天気痛のメカニズムを動物実験で探る」佐藤 純(名古屋大学 准教授、環境医学研究所 近未来環境シミュレーションセンター)

◆ バイオクリマ研究会ワーキンググループ経過報告
16:00~16:20  1.「日本生気象学会:日常生活における熱中症予防指針 Ver.1」星 秋夫(日本歯科大学)
16:20~16:40  2.「健康気象アドバイザー認定講座WG 経過報告」吉野 正敏(国連大学)
16:40~17:00  3.「自然環境と人工環境における 季節病・気象病メカニズム検討WG経過報告」堀越 哲美(名古屋工業大学)
17:00 ~ 17:10 閉会あいさつ  吉野 正敏(バイオクリマ研究会 前会長)
17:15 ~     懇親会